スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ならまち(2)

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真


春日大社大宿所

14naramati04.jpg

ん?





14naramati05.jpg

あれは!






14naramati07.jpg


祠の下に猫がいました。







にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ





スポンサーサイト
神社仏閣 |トラックバック(0) |コメント(2)

日本最古のお稲荷さん

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


またまた少しご無沙汰してしまいました。


ネットで調べていたら、
日本最古のお稲荷さんと言うのを見つけて、
神社巡り大好きな私は
これは行かなくちゃ!と言うことで、
行くことにしたのですが、
地図で見ると駅から結構離れているし、
車で行こうかと思ったのですが、
熊野古道沿いと言うのがわかり、
道が狭いかも?と思い
バイクで行くことにしました。
久々のツーリングは楽しかったです♪




13ito-ina00.jpg

糸我稲荷神社




13ito-ina01.jpg

本朝最初 稲荷大神社と買いてあります。

御祭神は
倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
大歳神(おおとしのかみ)
大市姫神(おおいちひめのかみ)



13ito-ina03.jpg


文化7年(1810)当時の神官の林周防が
寺社奉行に報告した「糸鹿社由緒」によると、
糸我社の創建は
「37代孝徳天皇白雉3年壬子の春、
社地を正南森に移し、糸鹿社と申す」とあり、
白雉3年とは伏見稲荷神社の和銅年間の創建より
約60年も前に遡るそうです。
この故をもって糸我稲荷神社を本朝最初の創建とし、
社前鳥居に「本朝最初稲荷神社」の額が
上っているそうです。




13ito-ina02.jpg

水口はよくある龍





13ito-ina04.jpg

大きな瘤がある大楠





13ito-ina05.jpg




13ito-ina06.jpg


誰もいらっしゃらなかったので、
御朱印をいただけませんでしたが、
ちゃんとお掃除されていて、
とても気持ちの良い神社でした。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ






神社仏閣 |トラックバック(1) |コメント(8)

衣通姫

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


また、和歌浦の写真に戻ります。

13sotoorihime00.jpg

衣通姫(そとおりひめ)と言う桜と
玉津島神社の稲荷社

この桜の名の衣通姫は
第十九代允恭天皇の妃で絶世の美女と言われ、
その麗しさは名の通り、
『衣を通して光り輝いた。』と
伝えられています。
紀伊の国で信仰されていた
玉津島姫と同一視され、
和歌三神の一柱であるとされているそうです。
玉津島神社に稚日女尊(わかひるめのみこと)、
神功皇后と共に合祀されています。







にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ




神社仏閣 |トラックバック(0) |コメント(6)

さて、問題です。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


13yousyu00.jpg

ここは和歌山県和歌浦の
徳川家ゆかりのお寺
養珠寺の釈迦堂ですが、
この前に何かいます。
何だと思いますか?














実はこれがいます。

13yousyu01.jpg

ガメラとバルタン星人




13yousyu02.jpg

ゴジラ




13yousyu04.jpg


ウルトラマン





御朱印をいただいた時に
ご住職さんが
ここにゴジラを置いた経緯を
お話下さったのですが
凄くお話が長かったので、
これをわかりやすく、
長文にならないようにまとめるのは
私には無理だと思いました。

ゴジラとガメラは環境の話、
バルタン星人とウルトラマンは
父子の話という感じでした。
お話を聞きたいと言う方は
ご住職がお話をして下さると
言ってましたので、
興味のある方は
一度、訪問されるといいと思います。

場所は和歌山バスのバス停「和歌浦」からすぐです。








にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ





神社仏閣 |トラックバック(2) |コメント(8)

階段がいっぱい…(弐)

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日、紹介しました
紀州東照宮のすぐそばにある


13wa-ten00.jpg

和歌浦天満宮にも行きました。
ここも階段がいっぱい…
ここは紀州東照宮よりも段数は少ないです。
でも、こちらの方がすっごく登りにくいです。
1段の高さが結構あって、
登るのが大変…
これ、お年寄りだと登れない人もいるかも…
紀州東照宮もここも脇に緩やかな階段があるので、
もし、訪れて階段登る自信が無い方は
脇の階段を使われるといいかもしれません。




13wa-ten01.jpg

階段の途中で上を見上げると
ここも朱色の鮮やかな楼門が見えてきます。






13wa-ten02.jpg

階段を登り切ったところから見た風景
神社の前の公園の桜が綺麗です(*^_^*)






13wa-ten03.jpg

唐門と御本殿

菅原道真公をお祀つりしており、
太宰府天満宮、北野天満宮とともに
日本の三菅廟と言われているそうです。






にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ






神社仏閣 |トラックバック(1) |コメント(4)

階段がいっぱい… (壱)

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日、またまた猫舌さんと一緒に
和歌山の和歌浦の方にお出かけしてきました。
まずは一度、行ってみたいと思っていた
紀州東照宮へ



13ki-to00.jpg

神社にお詣りするには
この階段を登らなくちゃいけません。
108段あるそうです。
同じ和歌山市内にある
紀三井寺の231段より少ないし、
登りやすい階段だったので、
そんなに大変じゃなかったです。



階段の途中には

13ki-to01.jpg

可愛らしいすみれが咲いていたりしました。




13ki-to02.jpg

階段の途中から見上げると
朱色の鮮やかな楼門が見えます。




13ki-to003.jpg

階段を登り切ったとこから見える風景
この日は残念ながら霞んでいたので、
景色はあまりよくありませんでした。




13ki-to04.jpg

こちらが拝殿になります。

権現さんの愛称で親しまれ、
国の重要文化財に指定されている
徳川家ゆかりの神社です。




次回も階段がいっぱいの神社をご紹介します。






にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ





神社仏閣 |トラックバック(2) |コメント(6)

手水舎(ちょうずや)の水口

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


3日に神社にお参りしようと思っていたのですが、
用事をしていたら、
行きそびれたので、
昨日、やっと行ってくることが出来ました。
氏社は田舎の神社なので、
私の貸切状態でした(笑)


今回は手水舎(ちょうずや)の水口を紹介したいと思います。
お詣りの時に清める所です。

ここのブログとは違うロゴが入っている写真がありますが
全て私の撮影した写真で、
自分のブログからの転載になります。



まずはよく神社で見るタイプ


13tyouzu02.jpg

PENTAX Optio l-10

龍の水口

Σ(゚Д゚)柄杓が…





そして、これもよくあるタイプ

13tyouzu03.jpg

OLYMPUS PEN Lite E-PL2

竹の水口
ここは大阪の岸和田市の浪切神社
だんじり祭の見せ場の
看貫(かんかん)場の前にある神社です。






13tyouzu01.jpg

PENTAX Optio l-10

鹿の水口
奈良の春日大社





13tyouzu00.jpg

PENTAX Optio l-10

鈴の水口
京都の伏見稲荷大社





13tyouzu04.jpg

OLYMPUS PEN Lite E-PL2

亀の水口
京都の玄武神社

中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣で、
東の青竜(せいりゅう)、南の朱雀(すざく)、
西の白虎(びゃっこ)、北の玄武(げんぶ)の四神の
玄武は亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多いので、
水口は亀になっているみたいです。





13tyouzu05.jpg

OLYMPUS PEN Lite E-PL2

兎の水口
大阪の住吉大社




水口も色々ありますね。


せっかく水口を紹介したので、
私がやっている手水の作法を書いておきます。
興味のある方は読んでみて下さい。
この方がいいよとか
間違っていたりしたら、
ご指摘いただけると嬉しいです。
うちのブログは誤字、脱字、誤変換、
記載内容の間違いなどご指摘いただけると、
ありがたいです。


まず、右手で柄杓を持ち手水を掬い、最初に左手を清めます。
柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。
もう一度、右手に柄杓を持ち替えて、
左手の手のひらに少量の水を溜めて、
その水で口を清め(音は立てない)
左手で口元を隠して、水を吐き出します。
口をつけたので、再び左手を清めます。
柄杓を両手で持ち、柄杓を持ち上げて、
柄を洗い、元の所に静かに戻します。

面倒そうですが、慣れればそうでも無いです。



ついでにお詣りのお作法も少し書いておきます。

鳥居をくぐるときは一礼をしてから、通ります。
帰る時も、鳥居を出てから、本殿に向かって一礼します。

参道の真ん中は神様が通るところで
「正中」と言います。
ここは通ってはダメです。


参拝のお作法は
お賽銭をお賽銭箱に入れます。
鈴を鳴らし、自分を清めて来ましたと
神様にお知らせします。
姿勢を正し、二礼します。
ゆっくりと二拍手します。
読んだ本によると手を叩くのは
自分は素手です。
武器は持っていません。
神様を尊敬していますと言うことを
表しているらしいです。
手を合わせて、右手を少しずらします。
神前で願をかける時には、
はじめての時には
自分の名前と住所を申し述べてから、
願い事を伝えるらしいです。
二度目以降は、簡略化して表現しても
差し支えないらしいです。
最後にもう一度、一礼します。
これを「二礼二拍手一礼」と言います。
ちなみに出雲大社は
「二礼四拍手一礼」です。

神社へ参拝するときはこんな感じで
お詣りしています。




長々と書いてしまいましたが、
最後まで読んで下さった方がいらっしゃったら、
ありがとうございます。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ





神社仏閣 |トラックバック(2) |コメント(8)

頂き収めかな?

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真


12nara00.jpg

一昨日、娘と2人で
奈良に行って来ました。

私の趣味は色々とあるのですが、
その一つに「神社仏閣巡り」があります。
実は某ゲームの縁の地を友人と巡っていたのですが、
神社仏閣が多かったんです。
ある時、御朱印の存在を知りました。
御朱印とは
お寺や神社でお願いすると、
御朱印帳と言うお帳面に
お寺や神社の御宝印という判子を押して、
日付やご本尊様のお名前、
お寺や神社の名前を書いて下さいます。
本来は写経などを納めていただくものなのですが、
最近は記念にと頂く方が増えているみたいです。
せっかく、神社仏閣にお参りしているので、
お守り代わりにと頂くようになりました。
娘も私に影響されて、
御朱印を集めるようになりました。

そのうち、筆の練習をして、
写経して、収めようかと思っています。





一昨日も

12gosyuin00.jpg

興福寺、東大寺、漢国神社、率川神社、氷室神社、手向山八幡宮で
御朱印を頂いてきました。
上がお寺ので、
下が神社の御朱印です。




12gosyuin01.jpg

昨年末には3冊しか無かった御朱印帳が
こんなに増えてしまいました^^;
上がお寺ので、
下2段が神社の御朱印帳になります。
お寺や神社のオリジナル御朱印帳があり、
素敵な御朱印帳を見ると欲しくなって、
ついつい増えてしまいました…
銀閣寺の御朱印帳を写すのを忘れたようです(-_-;)



御朱印も色々とあって、
書いて頂いて見るのは凄く楽しみです。




今回の奈良とは関係ないけど、

12gosyuin02.jpg

左がよく頂くような神社の御朱印で、
大阪の坐摩神社(いかすりじんじゃ)のもので、
右が大阪の生国魂神社(いくくにたまじんじゃ)の
1月限定でいただける干支の御朱印なんです。





12gosyuin03.jpg

これは京都の宇治上神社の3種ある御朱印の
「離宮」の金字朱印
江戸時代までは「宇治離宮明神」
「離宮八幡宮」と呼ばれており、
宇治上神社の参道正面の鳥居の額には
「離宮」の文字が刻まれています。
紫式部に因み、紫の台紙に金字をのせたそうです。
台紙の色が濃く通常の朱肉だと吸われてしまい、
見えなくなるので、
落款に使われる「朱砂(辰砂)」を材料にした
「印泥(いんでい)」を使っているらしいです。




今年はこれで、御朱印の頂き収めかな?
これからも、マイペースで
神社仏閣にお参りしていこうと思っています。






にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ







神社仏閣 |トラックバック(0) |コメント(8)

鳥居にプロペラ

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


12kouku00.jpg

泉州磐船神社(泉州航空神社)



いつも、第二阪和国道を通るたびに
看板が気になっていた神社で、




12kouku01.jpg

ついこの間、
鳥居にプロペラ付いてると知り、
なんか気になる!
と出掛けてしまいました。






12kouku02.jpg

さすが、航空神社です。
ヘリコプターが奉納されていました…


航空資料館も併設されているので、
飛行機好きなら、
訪問してみるといいかも…



泉州磐船神社の詳しいおでかけ日記は
また、そのうち別ブログ



昨日もなんだけど、
今日も私のPCが駄目なので、
娘のPCからです。
今日の記事は
PCの調子のいいときに
記事を下書きしておいたものです。
娘のPCなので、勝手にソフトとか入れられないし、
ホントに色々と面倒です(^▽^;)




にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ








神社仏閣 |トラックバック(0) |コメント(4)

鳥居の先には

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術


12n-yasaka00.jpg

難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)

鳥居の向こうになんかいる(笑)
ここは何も知らずに
初めて訪れるとビックリするかも…







12n-yasaka01.jpg

獅子舞台
高さ12m、幅7m、奥行き7mという巨大獅子頭
夏祭りや神事の際に、
奉納舞などが行われているそうです。







にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ







神社仏閣 |トラックバック(0) |コメント(4)

カウンター

プロフィール

宙海(そらみ)

Author:宙海(そらみ)
タイトルの通りいろいろと写真を
載せていきたいと思っています。
引っ越し前のブログはこちら→ 

下手だけど、楽しく写真を
撮っていければいいなと
思っています。

最近、ダンボー写真が多い…

出身は大阪の泉州、
関西在住です。

カメラはEXILIM携帯、
KONICA MINOLTA DiMAGE Z3、
PENTAX Optio l-10、
PENTAX Optio WG-1 GPS、
主にOLYMPUS PEN Lite E-PL2
PENTAX K-30で
撮影しています。

参加しています。

いろいろと過去記事

アクセスランキング



[ジャンルランキング]
写真
4285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1482位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。